「売れる」仕組みをビジネスフォンからつくる。


沿革


1996年12月 ブラステル有限会社を設立。コールバックシステムのサービス営業活動を開始。
1998年7月 第1号交換機を設置してKDD(現KDDI)に接続。国内発信システムによるサービスを開始。
1998年10月 第2号交換機を設置してワールドコムに接続。
1999年8月 プリペイドカードによる国際電話サービスを開始。
2000年2月 リチャージカードによる国際電話サービスを開始。
2002年1月 株式会社へ改組 (資本金3000万円に増資)。
2002年9月 NTTグループ、フュージョン・コミュニケーションズおよび携帯電話各社との相互接続を完了。
2003年11月 事業者識別番号0091-20、21 の利用による通話を実現。その後、KDDIグループ、その他各社とも順次接続。 CRMと交換機の改良を完了。
2004年5月 独自開発PBXによるボイスコンテンツを低価格で提供目的とする法人企業向けサービス始動。
2005年4月 日本法人顧客に対し、国際電話サービス「ブラステルコーポレートプラン」を開始。
2006年6月 日本法人顧客に対し、新サービスASP型「ブラステルIPセントレックス」サービスのご案内を開始。
2006年10月 「ブラステルIPセントレックス」のサービス名を「Basix」(ベーシックス)と改名。
2007年1月 インターネット電話サービス「FLIP」(フリップ)を発売開始。
2008年11月 公衆電話網とインターネット電話網をISPフリーで相互接続を可能にする『UNITEE(ユニティー)』構想を発表。
2009年4月 ブラステルモバイルを発売開始。


事業内容


  1. ビジネス電話サービス(IPセントレックスサービス)事業

    PBXの購入や保守、システム管理が不要。ブロードバンドネットワークを通じて、多機能ボイスコンテンツを持ちながら低価格で提供するASP方式のIPセントレックスサービスです。

  2. インターネット電話サービス事業

    最新のVoIP技術(インターネットプロトコルを使用して音声データを送受信する技術)を使用して、国際電話および国内通話の発着信ができるインターネット電話サービスです。

  3. 国際電話サービス事業

    繰り返し何度でもご入金ができる国際電話用プリペイド式カード、ブラステルスマートフォンカードは、ご入金後、日本からも海外からも24時間均一料金・6秒課金で提供する国際電話サービスです。